もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

多発性骨髄腫の予後不良因子

多発性骨髄腫に関する問題は、近年の国家試験において頻出ですが、予後不良因子に関する問題が出題されるのではないかと思っています。

 

medu4.com

 

この問題ですでに血清β2ミクログロブリンが高値、という問題が出題されていますが、尿中ではなく血清、という点でひっかけにくるような気がします。

多発性骨髄腫は腎障害も起こるので、近医尿細管障害から連想して尿中のβ2ミクログロブリンの上昇、というふうに思いがちですが(僕自信もそう思っていました)、実際に予後不良因子としては、尿中ではなく血清β2ミクログロブリンの上昇が、予後不良因子として規定されています。

 

他にも予後不良因子があるので、QB等で確認しておいたほうがいいかもしれません。