もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医師国家試験における模試の意義

今日テコムの模試を解いたんだけれども、そこで感じたことをまとめました。

以降、模試の内容に触れることがあるので、見たくない人はご遠慮ください。

 

確かに本番でもあるけれど

確かに本番でも重箱の隅をつつくような問題がでることはあるけれども、模試でそれをやる必要があるかって思います。

もちろん、9割は普通の問題なんだけれども、1割くらい変な問題が入ってる印象です。

解説にも「馴染みの薄い疾患であると思うが、本問を通じて整理しておく」みたいなことも書いてあるけど、それって模試でやる意味ある?

 

デング熱の眼窩痛?

鼻咽腔内視鏡の所見?

そんなん知らんがなw

 

出題者にその疾患の権威がいて、それで予想的観点から出題してるっていうなら、百歩譲ってまぁいいかと思えるけど、それでもなんかいまいちだなって思う問題も多い気がします。

 

解説、これで本当に大丈夫?

模試で知らないことが出てきたら、今までのファイルに新規の情報を書きこんでるんだけれども、気になった解説がこれ。

 

肝硬変の基本的食事療法は代償期は高タンパク、高カロリー食、減塩食、ビタミンB,K、非代償期は低タンパク・高カロリー食、減塩食、ビタミンB,K投与である。

 テコム模試解説より抜粋

 

これ読んでなんか違和感。

 

まず、日本語として重複してる部分が多すぎでしょ。

 

肝硬変の基本的食事療法は高カロリー食、減塩食、ビタミンB,Kを原則とし、代償期は高タンパク、非代償期は低タンパクにする。 

 

 ぐらいにしません?

 

そして、代償期が高タンパクで非代償期を低タンパクにする理由も謎。

肝性脳症のこと考えたらフィッシャー比のことを書くべきでは?と思って少し調べてみたらやっぱりでした。

 

f:id:moyamoya0701:20171118215349p:plain

https://www.jsge.or.jp/files/uploads/04_kankouhen.pdf

 

従来いわれていた、いわゆる高タンパク食ではない点に注意してください。

 

日本消化器学会が出しているものなので、それなりに信頼性のおける出版物だとはおもうのですが、これ、患者さん用の説明文書ですよ?

この時点で、専門家が書いた解説でないことは明らかですし、もしかした昔の問題の使いまわしかもしれません。

 

医療用麻薬の問題も「早期からの使用が推奨されている」ってこれの解説も非常に微妙な気が。。解説には

 

「がん対策基本法」に明記されている。

 

って書いてあるけど、「がん対策基本法」に『麻薬』ってキーワードが出てきてない気がするのは僕だけでしょうか。

 

○改正後のがん対策基本法(平成 18 年法律第 98 号)

 

 

あと、出題基準に追加された「フレイル」に関する問題もありましたが、ちゃんと「フレイル」は出題基準に新しく追加されたキーワードですって解説に書いた方が親切じゃないですか?

紙面の都合ももちろんあるとは思いますが、メディックメディアの無料で見れるサイトのほうがよっぽど親切な気がします。

 

informa.medilink-study.com

 

そもそも4回も必要?

受験生心理としては、やはり4回あれば4回受けなきゃと思ってしまいますが、そもそも本来なら4回も必要ないですよね。

模試が必要以上にあることによって、受験生の負担しか増えません。

なぜなら、模試で新しい知識が増えることにより、受験生はさらにその知識を覚えないといけないですし、逆にそれを覚えなかったら、万が一その知識が本番で出た場合、模試を受けた人と受けていない人で差がついてしまう。

なので、受験生は模試に出た重箱の隅をつつくような知識も覚えざるをえないし、今回のような、解説書に書いてある事実の裏をとる時間もないので、そのまま覚えるしかない。

模試を受けることにより、病態の理解が深まるような良問が入っているのであれば別ですが、正直、上のような解説がのっているような模試ってことを考えると、本当にこの模試を信頼して大丈夫なのかなって思ってしまいます。

 

じゃあ受けなきゃいいじゃん

まぁ結局、MEC2回、テコム4回の計6回すべて申し込んだ情弱の僕が悪いんですけどねw

ただ、今回初めてまじめに模試を受けたので、そこで感じたことを書いていますが、まだ未着手の模試が3回分も残っているので、憂鬱です。

 

デング熱の眼窩痛と比較的徐脈が出たら絶対に正解できる自信はありますけど、もし本番で出たらまた報告しますw

 

追記)

読み返したら、あまりにディスが過ぎたので、少しフォローしておくと、もちろん、多くは

 

  • 透析の疫学に関する問題や
  • 新生児の呼吸困難に関する問題や
  • 抗PD-1抗体のような最新のトピックスなどなど

 

近年の国試で頻出されている分野や、予想として妥当な最新のトピックスももちろん扱っているので、すべてがすべて無意味な問題ってわけではないんだけれども、それにしても4回は多いかなw