読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

残薬は薬剤師のせい?医師のせい?残薬問題に関して、薬剤師ができること

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

www.qlifepro.com

 

「医師へのフィードバックや提案」「処方日数の短縮や分割調剤」などで貢献望む
また、こうした状況において「薬剤師が貢献できること」や「製薬会社が薬剤師を支援できること」を訊いたところ、昨今増えているブラウンバッグ(節薬バッグ)を製薬会社に提供してもらいたいなど、具体的な意見が多数寄せられた。一方で、医師への働きかけ、患者への聞き取りに薬剤師が苦慮している実情が多く語られ、製薬会社に対しては両者への啓発情報を発して欲しい旨の要望があった。

今回の結果について、東京理科大学薬学部臨床准教授の水八寿裕氏は「今回は残薬の直接的要因に絞った実態確認と、薬剤師がそこで果たすべきことは何か、という2本立ての調査になっているが、後者のアクションがまだまだ不足していると思う。特に高齢の患者さんは自己負担割合が低いこともあり意識が乏しい印象があるが、そこで薬剤師が貢献できる余地は大きい。また医師へのフィードバック方法にも変化が必要で、疑義照会・お薬手帳などを活用して残薬解消提案をスムーズにできるよう、患者の考えを最大限に尊重しながら医療機関との協議をもっと進めるべきだ」とコメントした。(QLifePro編集部)

 

チーム医療はもちろん大事だし、医師一人で医療なんて当然回るわけないのですが、責任も裁量も医師が一番大きいという現状は、医療関係者であれば普通に持っている認識だと思います。

 

記事では、残薬問題に関して、「薬剤師が貢献できること」「製薬会社が薬剤師を支援できること」の聞き取り調査をしているようですが、挙げられた意見をまとめると、もっと製薬会社の支援がほしい、というものばかりだったようです。

そして、残薬の原因の要因として、「複数の医師による重複処方」よりも「医師が必要以上の量・日数を処方」を問題視する人の方が多いとのことでした。

 

確かに、一部の医師に過剰処方が見られることがあります。

しかし、多くの処方せんでは定期的に日数調整が行われていますし、ポリクリの実習中でもほとんどの先生が処方日数について患者さんに残薬の状況を確認しておられます。

また、患者さんに残薬状況を確認して、こちらから先生に疑義をかけることもあります。

 

アンケートに答えた薬剤師の多くは、残薬の原因は薬剤師自分たちの取り組みが原因ではなく、医師が過剰に処方をすることが原因だと考えており、さらにこの状況を解決するためには、自分たちで何かをするというよりも、製薬会社などのサポートが重要であるという考えているということになりますよね。

確かに、冒頭でも書いた通り、チーム医療とは言っても医師が最大の責任と裁量をもっており、その医師の意識が変わらないと残薬問題は解決できないという気持ちもわかります。

でも、残薬問題の原因や解決策を、薬剤師自らを放棄してしまうのは、少し残念な気持ちになりました。