もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

電子タバコは禁煙に効果があるのか?イギリスでの研究結果

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

www.carenet.com

 

リンク先は登録が必要になります。

英語でもよければ登録しなくても読めます。

pubmedのリンクを掲載しておきます。

Association between electronic cigarette use and changes in quit attempts, success of quit attempts, use of smoking cessation pharmacotherapy, and ... - PubMed - NCBI

 

OBJECTIVES:
To estimate how far changes in the prevalence of electronic cigarette (e-cigarette) use in England have been associated with changes in quit success, quit attempts, and use of licensed medication and behavioural support in quit attempts.
DESIGN:
Time series analysis of population trends.
PARTICIPANTS:
Participants came from the Smoking Toolkit Study, which involves repeated, cross sectional household surveys of individuals aged 16 years and older in England. Data were aggregated on about 1200 smokers quarterly between 2006 and 2015. Monitoring data were also used from the national behavioural support programme; during the study, 8 029 012 quit dates were set with this programme.
SETTING:
England.
MAIN OUTCOME MEASURES:
Prevalence of e-cigarette use in current smokers and during a quit attempt were used to predict quit success. Prevalence of e-cigarette use in current smokers was used to predict rate of quit attempts. Percentage of quit attempts involving e-cigarette use was also used to predict quit attempts involving use of prescription treatments, nicotine replacement therapy (NRT) on prescription and bought over the counter, and use of behavioural support. Analyses involved adjustment for a range of potential confounders.
RESULTS:
The success rate of quit attempts increased by 0.098% (95% confidence interval 0.064 to 0.132; P<0.001) and 0.058% (0.038 to 0.078; P<0.001) for every 1% increase in the prevalence of e-cigarette use by smokers and e-cigarette use during a recent quit attempt, respectively. There was no clear evidence for an association between e-cigarette use and rate of quit attempts (β 0.025; 95% confidence interval -0.035 to 0.085; P=0.41), use of NRT bought over the counter (β 0.006; -0.088 to 0.077; P=0.89), use of prescription treatment (β -0.070; -0.152 to 0.013; P=0.10), or use of behavioural support (β -0.013; -0.102 to 0.077; P=0.78). A negative association was found between e-cigarette use during a recent quit attempt and use of NRT obtained on prescription (β -0.098; -0.189 to -0.007; P=0.04).
CONCLUSION:
Changes in prevalence of e-cigarette use in England have been positively associated with the success rates of quit attempts. No clear association has been found between e-cigarette use and the rate of quit attempts or the use of other quitting aids, except for NRT obtained on prescription, where the association has been negative.Study registration The analysis plan was preregistered.

 

ざっくりいうと、喫煙者のうち、電子タバコを用いて禁煙した人に対して、禁煙に成功したかどうかのデータを収集して解析したということになります。

論点としては、

 

  • 電子タバコは禁煙に対してどのような影響があるか?
  • 電子タバコは他の禁煙法に対してどのような影響があるか?

 

の2点になります。

他の禁煙法というのは、内服のチャンピックスだったり、ニコチネルパッチだったり、ニコチンガムなどありますが、電子タバコを利用することによって、これらの利用が増えるのか、減るのかを調べています。

(なお、この論文で述べている電子タバコですが、どこまでを電子タバコと定義しているのかを個人的に追いかけていないのでわかりません。iQOSは含まれていないと思いますが、ニコチン入りのものとノンニコチンのものを分けているのかはわかりません。)

 

結果ですが、

 

  • 電子タバコの利用した群では、禁煙の成功率が高い。
  • 電子タバコの利用と、ニコチンガムやニコチンパッチの利用は負の相関を示す。

 

という結果が出ています。

ただし、こういった統計ではよくあるのですが、電子タバコとの因果関係は不明です。

電子タバコを利用したから禁煙の成功率が高いのか、電子タバコを利用するぐらい意識が高いから、禁煙の成功率が高いのかはこの研究結果では判断しかねます。

 

また二つ目の結論はわかりにくい言葉で書いてありますが、要は電子タバコを利用しているグループでは、ニコチンパッチやガムの利用率が低く、逆にニコチンパッチやガムを利用しているグループでは、電子タバコの利用率が低いということを意味しています。

これは、よく解釈すれば、電子タバコが医療費の抑制に寄与しているともとれますが、これも決定的に結論付けることはできません。

 

まぁ、個人的に吸っていた感覚としては、たばこを吸うよりも電子たばこのほうが健康的なのではないかなーとは思っていますが、それも今後の研究結果次第でしょうね。