もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

新婚旅行先カンクンでリゾートフォトウェディングの口コミ

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

新婚旅行先のカンクンで、フォトウェディングをやってきましたので、そのレビューを書きたいと思います。

 

フォトウェディングをやろうとしたきっかけ

もともと前撮りは、ラブィファクトリーと知り合いのカメラマンさんに頼んで2回もやっていました。

 

moyamoya0701.hatenablog.com

 

ただ、彼女が結婚式を終えてから、よほど結婚式が楽しかったのか、もう一回結婚式がしたいという始末。。。

神田うのじゃないんだからと心の中で突っ込んで、お金持ちになったらやろうかと流していたんですけど、彼女が、カンクンでフォトウェディングできるよ!と言ってきました。

そうなったら、もうやるしかありません。

業者選びから始まりました。

 

業者の選定と価格

カンクンのフォトウディングの業者はいくつかあるんだけれども、利用した業者を書いてしまうと特定されてしまうので、ぼかしてかきますが、価格は10万いかないぐらいのところです。

正直、これが高いのか、安いのかわかりませんでした。

衣装を持ち込めば安いとのことだったので、衣装は持ち込むことにしたんですけど、当然ドレスもタキシードも持っていません。

次のミッションは、以下に安く衣装をそろえるか、ということになります。

 

衣装選び

ドレスも、Amazonで探せばいくらでもでてきますね。

 

 

1万円ぐらいでも購入することができますが、正直質はそんなに高くありません。

それならレンタルするほうが楽なのではと思う人もいるかもしれませんが、式場のレンタルのドレスって、自分が本当に気にいるデザインのものって少ないらしいんですね。

一方、ネットで探せば質はだいぶ落ちるかもしれませんが、デザインはいくらでも選ぶことができます。

なので、一回使い切りぐらいの気持ちで購入するのがいいと思います。

ちなみに彼女は、ミニのドレスを選んでいました。

 

タキシードも国内でレンタルして持ち込みという方法も考えましたが、砂浜の撮影で汚れたりすることを考えると、レンタルはおすすめできないですね。

ただ、リゾートのフォトウディングを見てみると、必ずしもタキシードを着ていないことに気がつきます。

ということで、タキシードはやめて、下はスーツのパンツにドレスシャツ、蝶ネクタイにベストという格好で撮影にのぞみました。

結果的には、海辺なのでジャケットよりもベストくらいがちょうどいいと思いました。
ベストはスーツにセットで付いていたもので、シャツは結婚式で着たもので代用して、蝶ネクタイだけ持っていなかったので、それは購入しました。

 

 

それとお互いの靴ですが、これも砂浜なので裸足で問題ないかと思います。

 

当日の撮影

炎天下の中の撮影は結構ハードです。

雨だったら延期か中止になるんですけれども、その時のキャンセル料はかからないっていう業者が多いと思います。

幸いにして、僕たちの撮影日はめっちゃいい天気でした。

日焼け止めと水分は必須です。

カメラマンさんや他のスタッフの方々はほとんど日本人で、スタッフの方全員合わせると8人ぐらいで撮影していました。

カメラマンさんはめちゃくちゃいい人で、どういうポーズをとればいいのかしっかり指示を出してくれますので、心配はいりません。

貸切のビーチで撮影するわけじゃないので、通行人はバンバン通ります。

半分ぐらいの人は暖かい目で見てくれて、カメラに映らないように迂回してくれますが、もう半分はなんでこいつらのために迂回しなきゃいけないんだって感じの顔の人もいますし、実際に文句を言っている人もいました。

撮影のコースにもよるとおもいますが、僕たちは2時間程度で終了しました。

彼女は撮影自体にめちゃくちゃ満足してて、撮影が楽しかったと言っていました。

 

出来上がりの写真

業者にもよりますが、翌日ぐらいに出来上がります。

僕たちはDVDに焼いたデータをもらいました。

iPhonesならその場でデータを転送してくれるみたいですが、僕たちはそれはしませんでした。

家に帰って写真を見てみましたが、やっぱり海で撮る写真ってきれいですね。

 

さすがに前撮り2回と後撮り1回は多すぎだろと思いましたが、結果的には大満足です。

もし、リゾートで新婚旅行を計画しているのであれば、フォトウディングも検討してみてはいかがでしょうか。

撮影自体も、楽しいアクティビティーになると思います。