読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

再受験生に対する、ある医師の印象

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

今日、ポリクリで外来についていたときのことです。

先生から「どっか大学出たの?」と聞かれました。

 

僕は「●●大学の薬学部です」と答えたら、そこから再受験生に対するディスが始まりました。

 

彼の主張としては、

 

  • 再受験生は能力的には問題がないが自分のことしか考えていない人が多い。
  • 医局に入っても、給与の多い外病院ばかり希望する。
  • 家族の都合で早く帰ることも多い。
  • 大学に残ることも少ない。すぐに開業してしまう。
  • 再受験のバックグラウンドをいかし、大学で研究や教育の積極的にするべきだ。
  • 自己中心的な再受験生が目立つので、現役生や1、2浪をとったほうがいい。
  • このような意見があることを再受験生は自覚するべきだ。

 

ということでした。

 

すごく偏見ですよねw

そんなの、再受験生に限りません。

そもそも、大学病院がそんなに偉いのかと。

やることさえやっていれば、家族の都合で帰ることがだめのかと。

開業することが悪いのかと。

 

教授も含め、複数の医局員からこのような意見を聞くと、絶対この医局には入りたくないなとおもいました。