もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

関西医大が院外から院内へ処方せんを切り替えているというニュース

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

関西医大の院外処方の全面発行中止のニュースを見ました。

ちょっと調べてみたら、以前から話は出てみたみたいですね。

 

院外から院内へ、という逆の流れ

 

【関西医大総合医療センター】院外処方箋の全面発行中止‐門前中心分業に「メリット感じず」 : 薬事日報ウェブサイト

関西医科大学総合医療センター(守口市、477床)は5月6日の新本館開院に伴って、院外処方箋の全面発行を中止し、外来患者の調剤を原則院内で行う方針に改めた。患者の費用負担を軽減し、1カ所で薬を受け取れることで利便性を向上させて、病院の全体的な評価を高めることが目的だ。約16年間全面発行を続けてきたが、そのメリットを十分に感じられなかったという。ただ、方針の無理強いはせず、希望する患者らには院外発行を続ける。100%に近かった院外発行率は現在40%台半ばで推移している。


 同センターは建物の老朽化に伴い、隣接する大学施設跡地を活用して新本館を開院すると共に、院外処方箋の全面発行を中止。関西医科大学附属滝井病院という名称も、現在の名称に改めた。本紙の取材に応じた同センター院長の岩坂壽二氏は、院内調剤に戻した理由について「まず、患者さんの費用面の負担を軽減したかった。また、外に行かなくても1カ所で薬をもらえることによって、患者さんの利便性は高まる」と語る。

 院外処方箋の全面発行には「メリットを感じられなかったというのが16年ほどやった上での印象」。国の方針に沿って実施したものの「患者サービスが低下するということになれば、何をしているのか分からない」と話す。全面発行を続けるより院内に戻した方が患者サービスは向上すると見込み、それによって病院の評価を高めたいという。

 

院外処方のメリットとデメリット

東北大学病院の薬剤部では、院外処方のメリットとデメリットを次のように紹介しています。

 

メリット

1. 「かかりつけ薬局」を決めておくことで、薬剤師が薬の重複、飲み合わせを確認でき、副作用を未然に防止できます。
2. 薬の詳しい説明が受けることができます。
3. 病院内での薬の待ち時間が無くなります。
4. 「保険薬局」であればどこでも調剤してもらえます。

 

デメリット

1. 病院で診察を受け、保険薬局で薬をもらうため二度手間となります。
2. 自己負担が多少ふえます。

 

別に薬の飲み合わせだって大学で見てもらえるし、疑義があった場合、病院内で連絡したほうがスムーズに疑義もできるでしょう。

詳しい薬の説明が大学病院だから聞けないなんてことはありません。 

また、元記事を見てみると、

 

会計を終え、窓口に来るともう薬ができていると喜んでいただけるケースが少なくない 

 

とありますし、これが全ての患者さんにできているのであれば、それこそ別の調剤薬局に行くこと自体が二度手間ですよね。

 

今後、待ち時間がどうなるかが問題

結局、薬剤部にどれだけのマンパワーをかけることができるか、ということが成功するかどうかの問題になると思います。

院内処方が増えてきて、待ち時間が増えてしまっては、調剤薬局に流れるだろうし、待ち時間ができないぐらい薬剤師や事務員の数を増やしてしまえば、院内処方に流れると思います。

 

まぁ、それにしても門前の調剤薬局からしたらたまったもんじゃないですね。

大手チェーンの薬局はその店舗をつぶせばいい話ですが、中小や個人の薬局だったら死活問題です。