もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

緑内障のリスク因子と定期検査

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

今日はポリクリが午後からなので、緑内障の検査に行ってます。

決して見えにくくなったというわけではないのですが、父親が緑内障で失明しかけているので、定期的に検査に行くようにしています。

今まで眼圧も正常で視野も問題なしということで経過観察中。

 

緑内障のリスクファクター

アメリカ眼科学会は次の因子を緑内障のリスクファクターとして挙げています。

 

www.aao.org

 

Family History: Individuals with a parent or sibling with glaucoma have a nine times higher risk of developing the disease, according to one study.3
Older Age: As people age, their risk for glaucoma increases. Because this is the case for several eye diseases, the Academy recommends that adults start getting regular comprehensive eye exams at age 40. This is the age when early signs of eye disease and changes in vision may first occur, even if you have seemingly perfect vision. It is important to get comprehensive eye exams from an ophthalmologist, a physician specializing in medical and surgical eye care.
African, Hispanic or Asian Heritage: People of African and Hispanic heritage are three times more likely to have the most common form of glaucoma than Caucasians. Glaucoma-related blindness is at least six times more prevalent in African Americans than in Caucasian Americans. Additionally, people of Asian heritage are at an increased risk of a sudden and acute form of glaucoma known as angle-closure glaucoma.
Nearsightedness: People who are nearsighted are more likely to have glaucoma. One study even found that the more severe the nearsightedness, the higher the risk of glaucoma.4
Type 2 Diabetes: Having type 2 diabetes increases risk of glaucoma. The longer a person has lived with diabetes, the greater their risk for glaucoma becomes.

 

簡単に訳すと次の通りです。

 

家族歴:緑内障を持つ親または兄弟を有する人は、緑内障の発症の9倍高いリスク。
加齢:加齢は、緑内障のリスク。初期徴候が発生する可能性がある年齢の40歳で、定期的な眼科検診を推奨。
アフリカ、ヒスパニック系やアジア系:アフリカ、ヒスパニック系は白人よりも緑内障のリスクが3倍以上ある。緑内障関連の失明は白人のアメリカ人よりもアフリカ系アメリカ人で、少なくとも6倍高い。また、アジア系の遺伝形式は、閉塞隅角緑内障として知られている緑内障の突然の急性型のリスクがある。
近視:近視ある人は緑内障を発症する可能性がある。
2型糖尿病:2型糖尿病の既往は、緑内障のリスクを増加させる。

 

僕自身について考えると、家族に緑内障患者おり、アジア系で、さらに近視という三重のリスクファクターですね。

今後、加齢の影響も加わるのは間違いなく、さらに糖尿病まで合併したら、本当に失明する可能性があります。

 

今回の結果

1年前の視野検査の結果は正常、そして眼圧は15/16とこちらも正常でした。

視力は-6.00/-3.00と近視が進んでいます。

 

そして、今回の結果ですが、、、

 

視野検査 正常

眼圧 21/19

視力 -6.00/-3.00 

 

と眼圧が上昇していますね。

 

医師からは、家族に緑内障がいて、近視だと緑内障のリスクファクターと、再度説明を受けました。

また、家族歴、近視関係なく、視神経の形態をみると一度視野の検査をしたくなるような形をしていると言われました。

以前は1年後に受診ということでしたが、今回の眼圧上昇を受けて半年後に受診ということに。

 

まぁしょうがないですよね。

医師からも説明を受けましたが、緑内障にならないようにすることは今の医学ではできませんが、緑内障の進行を遅らせることはできます。

今後も定期的に診断を受けていきたいと思います。

また、眼科のポリクリは夏ごろにあるので、そこでも相談をしてみようと思います。

 

ちなみに、緑内障の検査は比較的高く、今回の料金は3割自己負担で2890円でした。