もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

結婚式の費用を抑え、結婚式の準備で得する方法

無事、結婚式と引っ越しが終わって、少し時間ができたのでブログを書いています。

結婚式ですが、本当にやってよかったと思えた式でした。

参加してもらった人から本当にいい式だったとほめていただいて、本当にうれしいです。

結婚式をするにあたって、書きたいことは結構あるんだけれども、今日は、結婚式の費用を抑え、結婚式の準備で得する方法を書きたいと思います。

 

結婚式の費用

結婚式の費用ですが、ばかみたいに高いです。

なんでこんなにお金がかかるんだろうと思うことが多いです。

 

結婚式関連で覚えている限りでざっくり書きますが、

 

結婚式代 450万円

前撮り 15万円

結婚指輪 15万円

ペーパーアイテムとウェルカムボード 20万円

お車代とホテル 30万円

合計 530万円

 

この他にもかかっているかもしれませんが、ざっくり500万~550万の間だと思います。

 

なんでこんなにお金がかかったかというと

 

  • 1日1組限定の単価の高いホテルで式を挙げた
  • ウエディングケーキのデザインやデザートビュッフェ、バルーンリリースなどのオプションを追加した
  • ペーパーアイテムやウェルカムボードを自分たちで作らず、プロに頼んだ
  • ウエディングドレスとカクテルドレスを2着とも桂由美デザインにした
  • 遠方の人が多かったため、お車代とホテル代にお金がかかった
  • 前撮りをした

 

というのが主な理由だと思います。

 

もちろん、この中にはプロポーズのための費用や婚約指輪、新婚旅行は含まれていません。

ちなみにご祝儀として返ってきた金額はちゃんと計算していませんが250万~300万ぐらいだったと思われます。

なので、持ち出しとしては少なく見積もって250万ぐらい必要だった計算になります。

 

結婚式の費用を抑える方法

費用を抑えたければ、単価の安い結婚式場でする、ペーパーアイテムなど自分で作れるものは自分で作る、花やドレスなどのオプション部分を安くするなど工夫できる部分はあると思います。

しかし、個人的にはおすすめしません。

もちろん、そこにこだわりがなければ問題ありませんが、本当は季節がいい日にやりたいのに、着たいドレスがあるのに、やりたいオプションがあるのに、それをしないってのはやっぱり後悔するんじゃないかなーと思います。

基本的には人生に1度きりなものですからね。

また、ゲストをおもてなしする、という点で料理のグレードを下げたり、お車代やホテルを削ったりするのも、個人的にはしたくないかなーと思います。

 

結局、したい式場で着たいドレスを着てしたいことをする、この前提があってこそ、ですよね。

じゃあ、やりたいことを全部やって、結婚式の費用を抑えるにはどうするか、ということになるのですが、やることは二つです。

 

式場の見学をできるだけ多くする

できるだけ多くの式場見学をしましょう。

僕たちは本命のホテルはあったんですけれど、後悔しないために色々な式場を回りました。

回った総数としては10会場近く。

一日に二件はしごをした日もありました。

 

式場は毎週のようにウエディングフェアをやっています。

ウエディングフェアというのは、実際にその式場にいって会場をみたり、実際の式の料理を試食したり、見積もりをとってもらったりするイベントのことです。

料理の試食があるところでも、ほとんどが無料です。

プランナーさんの多くは、自分のところに決めてほしいから普通は2,3件で決めるのが普通ですよ、とかいいますけど、数百万の買い物をそれほど比較しないで決める勇気は僕たちにはありませんでしたw

2,3件回ってだいたいわかったような気になりますが、それ以上に数多く式場を回ることによって、見積書には書いていない項目がわかってきたり、自分たちのしたい結婚式がどんなものか、ということが明確になってくるというメリットがあると思います。

 

時間がない人は仕方がないかもしれませんが、結婚式にそれほどこだわりがない人でも、結婚式の費用は抑えられたほうがいいですよね。

2,3件だけじゃなく、少なくとも5,6件は回ったほうがいいと思います。

同じ条件で見積もりをとってもらい、一番費用の安いところっていうのもありかもしれません。

 

本命の結婚式場は最後に行く

これはよく言われていることでご存知の人も多いかと思いますが、ほとんどの式場で当日特典なるものが存在します。

当日特典というのは、ウエディングフェアに行った当日にホテルを成約した場合、結婚式費用から20万値引きしますとか、料理のグレードを無料で上げれますとか、ドレス2着目半額とか、そんなサービスです。

しかし、その名の通り、当日しか特典を受けることができないため、本命の式場には最後にいった方がいいかと思います。

 

そして、この当日特典、というか結婚式の料金設定は本当に不明瞭です。

そんなに値引きしていいんですか?というレベルで下げてくれます。

ひどいところだと100万ぐらい下がります。

ウエディングフェアあるあるかもしれませんが、よくフェアで見積もりを出されるときに、プランナーが見積もりを二枚用意していることはあります。

1枚目は正規の値段の見積もりで400万、だけど実はもう1枚持っていて、それは値引き後の見積もりで300万です、という演出をしてくれる式場もあります。

100万安くなったので、お得な感じがしますが、正規の値段が二枚目の見積もりと考えておいたほうがいいと思います。

 

なので、実際、見積もりなんてあってないようなものですよね。

ほとんどの式場で見積もりから下がるということは知っておいたほうがいいと思います。

僕たちも向こうが提示してくれた当日特典に加えて、ここから値引きしてくれませんか?とお願いしたら、かなり難色を示されましたが20万値引きしてくれました(ポーズかもしれませんが)。

向こうが、これ以上はもう無理です、といったところから勝負かもしれませんw

金銭的な値引きが無理なら料理のグレードアップ無料とか、ホテルのサービスに関する特典をお願いするのもアリです。

 

1点注意していただきたいのが、契約後の値引きはかなり難しい、ということです。

向こうからしたら、契約してほしいから値引きしたのに、契約後に値引きするメリットはありませんからね。

 

また、どうしてもこの式場でしたいけど、値段が高いって場合は料金が安い季節、曜日にするのもありかもしれませんね。

どうしても春の季節のいい時期の土日はベストシーズンですので、値段も高くなりますが、真冬や連休の間、平日などは比較的値段を下げやすいです。

というのも、結婚式自体が入らなかったら、式場は収入ゼロですからね。

また、急なキャンセルが入って直近に迫っている日程があれば、それもかなり値引き交渉に有利に働くかと思います。

 

結婚式の準備で得する方法

以上、結婚式の費用を安く済ませる方法について書いていきましたが、次に結婚式の準備で得する方法について書いていこうと思います。

 

結婚式情報サイトに登録して、ウエディングフェアに行くとプレゼントがもらえる

結婚式情報サイトといえば、ゼクシィが有名ですが、ゼクシィ以外に数多く存在します。

例えば、マイナビウエディングがありますね。

 

マイナビウエディングに登録して、マイナビウエディング経由でウエディングフェアに登録すると、最大商品券が3万円もらえるというキャンペーンを実施しています。

 

f:id:moyamoya0701:20160611152429p:plain

 

どうせウエディングフェアに行くなら、こういったサービスを利用したほうがお得ですよね。

これはマイナビだけでなく、他のウエディング情報系サイトでも結構やっています。

本当にもらえるのか、と不安になりますが、僕はいくつかのサイトから商品券を送っていただいて、二次会の景品代にあてました。

 

 

 

ウエディングフェアを楽しむ

先ほども書いた通り、ウエディングフェアに参加すると試食ができたり、式場からプレゼントをもらったり、本当に楽しいです。

普通にフレンチのフルコースが食べれるウエディングフェアもあります。

一番高価なプレゼントは、ジュエリーショップのウエディングフェアのダイヤモンドのネックレスでしたね。

その他、後日、バームクーヘンや花を送ってもらったり、高価なティーパックの詰め合わせをもらったり、お皿をもらったりと、本当に色々プレゼントしていただきました。

 

普通に、そこまで真剣に結婚を考えていないカップルでも、デートの変わりにもなるぐらい、式場見学はおすすめですね。

 

以上、長々と書いてきましたが、僕は結婚式の準備大変だったけど、トータルで考えたらやっぱり楽しかったですね、もちろん当日も含めて。

彼女なんかは、本当に満足しているようで、結婚式もう一回したいと言い出す始末。

さすがにそれは、、、といってやんわりなだめましたが、結局、新婚旅行先でフォトウエディングをもう1回やることになりそうです。。。