もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

女性ホルモンを増やす食べ物について医師が解説していたニュースを見て、大豆イソフラボンについて調べてみた

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

今日、こんなニュースを見ました。

 

news.mynavi.jp

 

「健康的な生活」が"王道"

そして、最後に恋愛と女性ホルモンの関係についても触れておこう。「恋をすると女性ホルモンが分泌されてきれいになる」といった趣旨の話を聞いたことがあるかもしれないが、こちらも科学的根拠には乏しいという。

「過度のストレスが慢性化して生理不順になると、女性ホルモンのバランスが崩れているということになります。そんなときに素敵な男性を見つけて恋をして、『この人によく見られよう』と健康面に気を配りだしたところ、生理も順調に来るようになった……というのを『恋で女性ホルモンの分泌が促される』というように言っているのではないでしょうか。実際、ホルモン濃度の数値を計って大幅に改善されたということは、そんなにないと思います」。

今回紹介した大豆イソフラボンやハーブ、さらにはサプリメントなどで、体調改善を実感している人もいることから、「トライする価値はあると思います」と浜中医師は話す。

それでも、女性ホルモンにとって最も大切なのは「バランスのよい食事」「適度な運動」「十分な睡眠」「低ストレス状態の維持」などであり、これらをトータルで行うことが"王道"であると覚えておこう。

 

大豆イソフラボンには摂取基準量がある

健康的な食生活を押しているのはいいんですけど、このような記事を書くからには、大豆イソフラボンの取りすぎについても書いておいたほうがいいかと思います。

 

www.fujicco.co.jp

 

閉経後女性に1日150mgの錠剤を5年間摂取させた結果、子宮内膜増殖症の発症が有意に高かったというイタリアの研究報告(Unfer V, et al., Fertility and sterility 82:145,2004)から、150mgを健康影響発現量として、その1/2、75mgを安全な1日摂取目安量の上限値とする。
また、(日本人の日常摂取量から健康被害は報告されていないことから)国民栄養調査での摂取量の95パーセンタイル値(64~76mg)を食経験に基づく安全な1日上限摂取量とする。
これらに基づき、現時点での安全な1日摂取目安量の上限値を70~75mgとする。
データ不足から胎児、乳幼児、小児と妊婦は検討に含まれていない。

 

最近では、大塚製薬が大豆イソフラボンの健康食品を新商品として発売しましたが、自主規制なのか、取り扱い店舗をクリニックか調剤薬局に限定しているようです。

おそらく、過剰摂取の注意喚起を意識したものでしょう(真偽は不明です)。

 

www.otsuka.co.jp

 

テレビなどのマスコミで特定の食品が健康にいいと、報道された翌日は、ドラッグストアからその食品がなくなります。

テレビの影響力がなくなった、と言われて久しいですが、まだまだテレビの影響力というものは一定の層には絶大なものがあるようです。

 

大豆イソフラボンのエビデンスレベル

大豆イソフラボンの更年期障害に対するエビデンスについて調べてみましたが、どうやらそのエビデンスは低いようです。

 

kenko100.jp

  

閉経後の女性がサプリメントとして大豆イソフラボンを長期に使用しても、骨量の減少や更年期症状を予防する効果は見られないと,米マイアミ大学などの研究グループが米医学誌「Archives of Internal Medicine」(2011; 171: 1363-1369)に発表した。 

 

男性の女性化

以前、バイキングでも夫の性欲を下げさせるために豆乳を飲ませる、といった内容が放送されたようです。

 

夫の浮気が発覚し性欲を下げようと思ったアケミさんは、豆乳が性欲を下げるとネットで知った。おおたけ消化器内科クリニックの大竹真一郎医師によると、男性の性的欲求は男性ホルモンの1つであるテストステロンの分泌量が関係していて、性欲を下げるためには分泌量を抑える豆乳の大豆イソフラボンが効果的だという。また、米・カリフォルニアのロマリンダ大学メディカルセンターの研究によると、タンパク質を大豆から摂取している男性は精子の数が減少し、動きも良くないという。ゲインが行った調査では、夫の性欲を下げるため豆乳を飲ませている主婦は1000人中12人だった。

夫の浮気が発覚して以降、アケミさんは2年間夫に豆乳を飲ませ続けている。夫は健康に良いと毎日欠かさず豆乳を飲んでいるという。夫の性欲を下げたい理由として、「出産後私は性欲が減退したのに夫は性欲が強くて毎日求めてきて正直辛い」「年を取ってブヨブヨの体の夫と接するのが嫌。でも断ると機嫌が悪くなり子どもにも八つ当たりをするから」などが挙げられた。

 

一応、研究結果に基づくもの、とされていますが、まゆつばものですよね。

精子の数と性欲はそもそも比例しません。

 

ただ、奥さんがやたらと豆乳を進めてくる場合は、なにかに注意した方がいいというフラグにはなるかもしれませんw