読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

ポリクリで見た、医師への謝礼の現場

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

医師の袖の下の実際

jin115.com

 

がん治療名医の予防法とは?直撃コロシアムズバッとTVで紹介! – お笑い観測所

4月11日に放送された
直撃コロシアム!ズバッとTVは
がんに詳しい日本の名医50人がスタジオに集結し、
がん治療に関する疑問に答えました。

--------------

患者から袖の下をもらったことがある?
50人中46人がYESと答えました。

がん治療だと20万円から100万円くらいの場合もあります。
借金をしてまで渡そうとする人からは受け取らない場合や
お金持ちからは受け取る場合もあるそうです。

子供が覚えたての字で
手紙を書いてくれることもあったそうです。

医師の先生は
手紙と一緒にそっと渡されるのが
最もありがたいそうです。

 

数日前に、医師の謝礼に関して話題に上がりましたね。

ポリクリが始まって、まだ1週間ちょっとですが、外来についたときに患者さんから医師へ封筒が渡された、という話を同じポリクリ班の人から聞きました。

ただ、その封筒の中身は知るすべもありません。

お金かもしれませんし、手紙かもしれません。

ただ、他にも実際に患者さんからお金をもらったという話を先輩から聞いたということも、同級生から聞きました。

実際にそういう話はいまだにあるんですね。

 

倫理的問題

お金はもちろんNGですが、お菓子や野菜などの物品は受け取ってもいいのではという意見もあります。

田舎の病院だと、高齢者で農業をやっている患者さんから、畑で取れた野菜をもらうなんて話もよく聞きますね。

それの線引きって、どこにあるんでしょうか?

お金は明確にNGだとわかりますが、野菜ならオッケーなのでしょうか?

その農家が、1個21800円のメロンをつくっている場合も、それはオッケーなのでしょうか?

下のサイトによると、金銭以外だとグレーゾーンみたいです。

 

賄賂罪総説

 

イ 賄賂の目的物

 賄賂の目的物は,有形・無形を問わず,人の需要・欲望を満たしうる一切の利益を含みます(大判明43・12・19)。

 それゆえ,金銭・物品・不動産などの有体物はもとより,金融の利益,ゴルフクラブ会員権,飲食物の饗応,芸妓の演芸,値上がり確実な未公開株式の譲渡*,異性間の情交,就職のあっせん,地位の供与なども賄賂となりえます。

ウ 社交儀礼

 賄賂性の限界として,中元・歳暮・餞別・見舞いなど,社交儀礼としての贈答品が「賄賂」にあたるかが問題となります(以下,川端・井田参照)。

A.判例の主流(大塚・平川・山口・木村・今井・安田)

 この点につき,判例の主流は,「中元・歳暮における社交上の儀礼と認められる程度の贈物も,公務員の職務に関して授受される以上は,賄賂罪が成立する」という立場をとっています(大判昭4・12・4)。

 この見解は,公務員が物品の贈与等を受けた場合,それが中元などの名目であっても,同人の職務との対価関係が認められるかぎりは,賄賂にあたるとします。

 他方で,純然たる社交儀礼について賄賂性が否定されるのは,職務行為との間に対価関係がないからであるとします。

 つまり,この見解によると,賄賂と社交儀礼としての贈答の区別は,「職務行為に対する対価とみられるか否か」によるということになります。

B.多数説(団藤・平野・藤木・大谷・川端・中森・西田・前田・高橋・林・井田)

 これに対して,学説の多数は,職務行為に対する対価的価値を有する贈答であっても,なお社交儀礼に属するものであるといえれば,「賄賂」にあたらないとします。

 つまり,職務行為に対する報酬にあたるとしても,社交儀礼の範囲を超えないと認められる場合には,賄賂性が否定されると考えるわけです。

   ※ 判例にも,「公務員が,その職務に関し,生活上の欲望を満足させるに足る利益を受けても,その利益が社交的儀礼の範囲を出ない部類のものであるときは,賄賂というべきではない」とするものはありますが(大判昭5・7・29),主流を占めるものではないとされます(川端,なお藤木)。

最判昭50・4・24

 最高裁判例は,「国立大学附属中学校教諭が,新たに担任となった生徒の母から贈答用小切手(5000円分)を収受したとしても,父兄からの慣行的社交儀礼として行われたと考える余地が存するのであって,直ちに職務行為に関する対価的給付であると断ずることはできない。」としています。

 これは,判例の主流の立場(A説)から,社交儀礼としての贈答が,場合によっては職務行為との対価関係が否定されること(社交儀礼であることによって職務との対価関係性が否定されること)を認めたものであると解されています(川端・安田,なお西田)。

 

要は、医療関係者へのお礼が社交儀礼に属していれば、収賄罪に当たらないという判例も出ているようです。

が、そもそも法律どうこうというよりも、倫理的には許容されるという立場の人は一定数みたいです。

なかなかその線引きは難しいですよね。

僕も、さすがにお金は受け取らないですが、畑で取れた野菜をもってきた、と言われた無下に断れないかもしれません。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


看護師に「お菓子」を渡すのも禁じられている病院が多いです。家族が怒って近くのゴミ箱に捨てて行った光景も見ました。度が過ぎた受け取り拒否で不快でした