読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

宝くじが当たってもその職を続けるか

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

先日、バイト先の店長が、最近入ってきたパートの方と話していました。

そのパートの方は、30代の女性であまり仕事に対してやる気がなくて、周りの人にももう辞めたいと愚痴をこぼしているそう(まだ入社してきて1週間ぐらいです)。

 

どうやら、店長がパートの方が辞めたいと言ったことに対して、辞めないように説得している様子。

以下、漏れ聞こえてきた店長の話。

 

前職は介護だったんだよね?

俺は介護は大変だって聞いてるし、なかなか慣れないと思う。

○○さんも同じように、介護からドラッグにきて、そんなにすぐに慣れるはずはないよ。

でもね、俺はドラッグが天職だと思ってる。

もし宝くじで3億円あたっても、この仕事は続けるよ。

社員は嫌だけどねw

パートで9時5時にしてもらうけど、それでもドラッグストアの仕事が好きだから。

 

ドラッグが天職だと言い切る店長に、素直にかっこいいなと思いました。 

僕は、今まででこの仕事が天職だって言い切る人と出会ったことがありません。

前の職場では、仕事が楽しいなんて言っている人はいませんでした。

 

今後の自分自身のキャリア

自分自身のキャリアについて少し考えていました。

まず、医師は一生続けたいですね。

それはお金の有無に関係なくです。

例え、宝くじで3億円当たったとしても、医師は続けるんだろうなと漠然と思っています。

まだ、医師が天職かどうかはわかりませんが。

 

でも、店長と同じく、労働環境については多少不満に思うこともあるかもしれません。

もちろん、若いころは当直だって、長時間労働だって、経験になって自分の成長につながるので、それは頑張ってこなすことはできると思うけれども、年齢を重ねれば、体力的にも当直やオンコールはないほうがいいし、残業時間も少ないほうがいいですよね。

それに、土日もしっかり休めた方がいいし、長期休暇もとれたほうがいいし、その方が肉体的にも精神的にも健康的に生きていけると思います。

あと、住みたい場所に住めるってのも、意外に重要です。

 

ただし、その条件で働くって、実はすごい限られていますよね。

以下、医師向けの求人サイトでオンコールなし当直なしの条件で探してみた結果です。

 

病院の勤務医

勤務地 東京都 北区
年俸 ~ 1,500万円
10年標準:1,500万円
※内科・透析、消化器 週4日勤務:1,400万円 週5日勤務:1,800万円 
※外科 週4.5日勤務:1,600万円~1,700万円
※入院インセンティブ:指示書1件につき5,000円 

東京都北区勤務[09225]常勤医師求人情報|医師転職・募集のe-doctor

 

一般病院はほとんど当直もしくはオンコールがありますが、まれにどちらも免除される条件の病院があります。

また、非常勤であれば、外来のみの担当の求人も割とあります。

そういう病院を見つけて働くのもありかもしれませんね。

 

診療所の常勤勤務医

勤務地 東京都 墨田区
年俸 1,200万円 ~ 1,500万円
※経験により応相談

医療法人社団 翔和仁誠会 おしあげ小児科(仮称)の常勤医師求人情報|医師転職・募集のe-doctor

 

診療所であれば、当直・オンコールなしのことが多いですね。

ただ、これもちょっと違う気がします。

 

老健施設

勤務地 東京都 板橋区
年俸 慈誠会 記念病院
年俸1500万円~ ※応相談(交通費別途)
※金額は目安です。

慈誠会の医師求人|医師転職・募集のe-doctor

 

老健施設は、若い医師の人はあまり行かないイメージです。

というのも、回復期の患者さんが多く、あまり実力がつかないらしい、です。

実際に、他の転職サイトでは次のような紹介がなされていました。 

 

病状が安定期に入った入所者への定期的な回診等の健康管理業務に加え、施設長業務を担うことから比較的中堅・ベテラン医師が求められることが多いようです。
安定期に入った入所者の健康管理業務がメインのため、比較的ゆったりとした勤務環境であることが多く、ベテランの医師の転職先としても人気があります。施設の勤務条件にもよりますが、年収1000万~1500万円台が平均給与となっています。

老健求人特集|医師の転職・求人・募集は「医師転職ドットコム」 | メディウェル

 

ただ、老健施設で働きたいかと言われたら、なんか違う気がします。

 

フリーター医師

f:id:moyamoya0701:20160401025104j:plain

ワイ医学生、医者のバイトの給料を見てほくそ笑む - ニコニコ2ちゃんねる(仮)

 

働きたいときに働くフリーター医師も少し憧れます。

画像にある通り、1回の当直で19万も稼ぐことができるような求人案件もあり、人によっては、常勤の医師よりも稼いでいる人もいると聞きます。

が、やはり当直がメインになるようで、日勤のみでフリーター医師として生きていくのは大変かもしれません。

 

診療をしない医師

保健所の所長、製薬企業のメディカルドクター、生命保険会社の社医などは診療をせずに、基本デスクワークになりますよね。

保健所所長は違うと思いますが、製薬企業や生命保険会社の医師は残業もほとんどなくてQOLが高く、給与も高いと聞きます。

これも少し憧れますが、臨床から離れるのはやはり抵抗があります。

 

結局、開業しかない

最初からわかっていたんですけど、結局、開業しかないんですよね。

もちろん、開業はリスクが伴います。

でも、お金があったとしても、開業はしてみたいと思いますもんね。

内科をとる前提のキャリアについて考えたいと思います。

 

初期研修2年(市中病院)

後期研修3年(市中病院)

↓内科専門医取得

サブスペシャリティー研修3年(市中もしくは大学病院)

↓サブスペシャリティー取得

市中病院勤務医2年

開業

 

書いてみると、めちゃくちゃ普通ですねw

卒後10年後に開業するイメージです。

それでも再受験生なので、開業する年齢は44歳。

うーん、開業しても開業する際に借りる借金を返せるかどうかですよね。

ただし、在宅診療であれば開業資金が少なくてすむとも聞いていますが、どの地域で開業するか、なかなか難しい問題ですよね。

 

ただ、開業なりなんなりの目標をもって仕事をしないと、しんどい生活に耐えられないと思うので、サブスペシャリティーや地域の選定、必要な開業資金など、もっと具体的なプランを考えていきたいと思います。