読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

ブックオフで104冊の本を売った結果

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

引っ越し準備って、なかなかモチベーションが上がりませんよね。

まずはいらないものを処分しなければなりません。

 

ということで、まずは家の大部分を占めている本を売るためにブックオフにいってきました。

ヤフオクやAmazonで売ったほうが、もちろん高くなるとは思いますが、僕は発送や振り込みなどの事務手続きがとても苦手です。

確定申告を最終日に行ったという体たらくぶり。

 

104冊の本の買い取り額 

ということで、手っ取り早くブックオフを利用しました。

査定はほんの10分程度で済みます。

おそらく全ての本に対して価格のデータベースがあるんでしょうね。

さらに、担当者の目チェックで汚れや痛みでマイナス査定をしていくのでしょうか。

104冊売って、1000円ぐらいになればいいなーと思っていましたが、結果は5405円でした。

 

一番高く売れた商品

一番高く売れたのは、次の商品です。

 

 

買い取り価格980円。

途中で挫折してしまったので、僕の英語の発音は一向に改善されていませんがw

その他にも、英語関連の本の買い取り価格は高めですね。

 

医学書の買い取り価格

医学部に入ってからの教科書は全て値段がつかず。

解剖学講義も、エッセンシャル細胞生物学も、病理の教科書も全て買い取り価格ゼロ円でした。

 

 

元の値段は結構高いんですけどね。

ブックオフではほとんど需要がないようです。

(ただし、版落ちということも影響しているかもしれませんが)

 

ちなみに、医学書を専門に取り扱っている業者もあるので、そちらに持ち込むのも手かもしれせん。