読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

話題になっている薬剤師国家試験のひっかけ問題 他にもひっかけ問題を探してみたよ

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

togetter.com

 

薬剤師国家試験の過去問がツイッターで話題になっていますよね。

 

どんな問題だったの?

 

10月のある夕方、薬局を男性が訪れた。その日、友人から初物のカキ(牡蠣)をもらったため、昼に友人や家族と自宅の居間で、生ガキと、炭火で焼きながら焼ガキを食したとのこと。全員が頭痛、嘔吐およびめまいを起こしたが、別室に移って休んだところ、少し落ち着いたとのことであった。

 

これらの症状を引き起こした原因として最も可能性が高いのはどれか。

1 腸炎ビブリオ

2 ノロウイルス

3 腸管出血性大腸菌

4 二酸化窒素

5 一酸化炭素

  

正解は、もちろん5の一酸化炭素ですよね。

カキ→ノロウイルスと発想しがちですが、そうじゃない可能性もしっかり考えてくださいという出題者の意図があるのでしょう。

冷静になって症状を見れば、すぐにノロウイルスの可能性は低いと考えることができるのですが、カキ→ノロウイルスと脊髄反射で答えてしまうと、ひっかかってしまうということですよね。

 

「これはひどい」という意見もある一方で、「良問だろ」という冷静な突っ込みもありますが、僕も後者の意見に賛成ですね。

というのは、感染症に関してはひっかけ問題を作りやすい、というのがもはや常識?にもなっているようで、定期試験やCBTレベルでもこのような問題はあったように思います。

 

感染症に関してはひっかけ問題がつくりやすい

医師国家試験の話にはなりますが、別のサイトでも感染症に関する問題の注意喚起があったので、引用しておきます。

 

医師国家試験に通る方法

 

ただ、一つ注意しなくては、ならない事がある。それは輸入感染症である。
「海外旅行から帰国後、下痢・・・」とあったら、すぐに輸入感染症と決めつけてはならない。もし、注腸造影の写真があって、偽ポリポーシス、ハウストラの消失、らしきものが、見えたら、それは潰瘍性大腸炎である。問題文での、ひっかけ、は、ほとんど無いが、こういう、ひっかけはある。そして、それは悪いひっかけ、ではない。
今は、海外旅行が安く、東南アジアへ旅行へ行く日本人は非常に多い。
あなたも、東南アジアのどこかへ旅行に行った事があるのではないだろうか。
だから、「海外旅行から帰国後、下痢・・・」とあっても、すぐに、輸入感染症と決めつけるな、というのが、出題者の意図である。
問題文での、ひっかけ、は、輸入感染症くらいしか、思いつかない。

 

今回のケースは輸入感染症とは異なりますが、感染症という大きなくくりで考えた場合は、この原則に対応してるかと思います。

 

今回の教訓

感染症はひっかけ問題をつくりやすい。

おそらく、実臨床でも感染症を疑ってばかりに、他の疾患の鑑別を見逃す、といったケースがあるのではないかと予想されます。

したがって、感染症の可能性も考慮しつつ、他の疾患の鑑別もしっかりするようにという出題者の意図がこのような問題に表れているのでしょうね。

 

そろそろ、テコムのビデオ講座を見ないといけない時期になってきているかと思いますが、なかなか手をつけられていません。

まずはノートを購入するところから始めようと思います。

 


薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村