読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

アルコ&ピースのオールナイトニッポンゼロ 爆散

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

昨日の放送で、宗岡Dからアルコ&ピースに正式な辞令がありましたね。

ほんの少しだけ、継続するっていうドッキリの可能性を期待していましたが、本人たちの宣言通り、そういったサプライズは一切ありませんでした。

本当に終了してしまうんですね。

三四郎はANN0が終わるにもかかわらず、今週の放送は通常営業でしたが、アルコ&ピースはラジオに対する熱が違っていたので、LFに対する恨みつらみがすごかったですね。

 

f:id:moyamoya0701:20160304221957j:plain

 

アルコ&ピースのラジオが終わってしまう理由

ちゃんとした理由が発表されたわけではないので、その真相はわかりませんが、その理由について考えたいと思います。

  

前提:アルコ&ピースのラジオは数字をとっていた

アルコ&ピースはANN0に降格してから、スペシャルウィーク(聴取率をとる週)はほとんど首位もしくは単独首位をとっていました。

ラジオで数字について語るパーソナリティーは、あんまり少ない気がしますが、彼らは毎回単独首位を高らかに宣言していました。

おそらく、彼らも数字さえとれば、ラジオを継続できるという気持ちがあったのでしょう。

しかし、それでも終わってしまった。

 

アルコ&ピースのテレビの露出が少ない

正直、僕はほとんどテレビを見ませんが、それでもアルコ&ピースのテレビの露出は少ないんだろうというのは、なんとなくわかります。

というのも、他のパーソナリティーに比べて、圧倒的にテレビに関するフリートークが少ないし、レギュラーでこの番組に出てるって話も聞きません。

 

スポンサーがつかない

以前に、金曜ANN0のパーソナリティーの作家の浅井リョウさんが言っていたことに、作家はスポンサーがつかないので、ラジオはできないと言っていました。

どのようなスキームでラジオ局がスポンサーを集めるかはわかりませんが、おそらくスポンサーがつかない番組は続かないのはなんとなく想像できます。

岡村さんも、ときどきスポンサーの話をしており、実際にスポンサーを自身でとってきたりしています(高須クリニックや日本郵政など)。

一社提供の場合は、ラジオ内でそのスポンサーに関するコーナーが作られるなど、おそらくラジオ制作にとってスポンサーは大きい力を持っていることは、容易に想像できるでしょう。

アルコ&ピースはテレビの露出が少ないため、スポンサーがつかないという判断が下された、というのも終了のひとつの要因ではないでしょうか。

 

枠がない

1部に上がるには枠がありません。

岡村さん、オードリーは聴取率がJUNKに対抗できる数少ない枠ですし、JSBの山下健二郎さんは若者に絶大な支持があるようです(メールの数が半端ないようです)。

AKBも終わりそうにないし、そうなるとback numberとウーマン村本さんですが、なんとか踏ん張ったback numberと終わってしまったウーマン村本さん。

村本さんの終わった枠に、以前ANNを担当していたアルコ&ピースを入れるかというとやはり新鮮味が足りない、という判断が上層部であったのかもしれません。

 

それでも、アルコ&ピースのラジオは続けてほしかった

ただ、ANN0で継続するという異例の判断もできたのではないか、というのが正直なところです。

本当に、ニコ生でもなんでもいいから、ラジオやってくれれば聞くっていうコアなリスナーいっぱいいると思うのは僕だけじゃないはずです。

今週の家族のコーナーの最後のネタはがきが象徴的だったのではないでしょうか。

 

ただ、まだ可能性はあると思います。

その可能性っていうのは、来年ANN0で復活、という可能性ですw

アルコ&ピースがもっと売れれば、その可能性もなきにしもあらず、なんじゃないかなーと思います。

ただ、テレビではおもしろくないというもっぱらの評判ですが。。。

あと三回の放送、楽しみに聞きましょう。

 


薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村