読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

キャリアアップシートに1週間かける企業に勤めていたときに思ったこと

新卒 就職

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

以前勤めていた企業は、典型的な大企業病で、なんでこんなところに力を入れるのかと思うことが多々ありました。

 

globis.jp

 

キャリアアップシートに1週間かける

キャリアアップシートとは、今後どういう部署にいってどのような活躍をしたいかということを書く、社内用の資料でした。

新入社員のみならず、中堅の社員が各年度ごとに書いて人事に提出する必要があります。

 

これには正直いい思い出がありません。

というもの、人事に提出するものに関しては、上司に必ずチェックをしてもらい、上司と自分とのやり取りが何ターンにもなる、ということがあったからです。

たかだか、社内用資料ですよ?

確かに、これが今後の自分の評価に響いてくるので、重要な資料であることには間違いないのですが、それに他の仕事止めてまで1週間かけますか?

 

本当に何を書いてもダメ出しされる。

じゃあ上司が書けばいいじゃんと何度も思いました。

 

僕の書いたキャリアアップシートの出来が、あまりにも悪かったのでしょうか。

上司はかつて自分が書いたキャリアアップシートを僕に渡して、これを参考にして書け、と言ってきました。

僕は、そのキャリアアップシートをほぼ丸写しをして、その上司に提出しました。

 

そのやり取り

僕:上司さん、できました。

上司:・・・・全然よくなってないじゃないか。なにしてたの?

僕:(丸写ししたのにな・・・)

上司:さっき渡した俺のキャリアアップシート参考にしたの?

僕:(その上司のキャリアアップシートを渡しながら)参考にしました。

上司:(自分のキャリアアップシートと僕のを見比べながら)

   ・・・・まぁいいんじゃない。あとはいい感じに直しておいて。

僕:( ゚д゚)

 

結局そのまま提出して、僕が 書きたかったキャリアは見る影もなくなりました。

 

まとめ

よくもわるくも、こういうことができるということは、企業に余裕がある、ということなのでしょうか。

他にも、

  • 一つの決裁をとるためにいろいろな関係部署の部長クラスの人に印鑑をもらいにいく必要がある(本当に印鑑を押すだけで、これもらう意味あるの?レベル)
  • 飲み会や運動会の参加人数を上司に報告する必要がある
  • 全員の仕事が終わらないと他の人が帰れない

など、これを大企業病と呼ぶのかどうかはわかりませんが、変な風習がありました。

ちなみに、今日バイト先の薬剤師の方がキャリアアップシートに相当するものを書いていましたが、休憩時間中の10分で終わらせていました。

文化の違いですね。

 


薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村