読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部に入って買ってよかったもの、いらなかったものを紹介します

医学部

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

医学部に入ると、教科書代がめちゃくちゃかかります。

ただ、個人的には教科書はほとんど必要ないというのが、僕の持論です。

(というか、多分、ほとんどの医学生が思っているかもしれません。)

 

ということで、医学部で買うもの、いらないものを紹介しておきます。

 

いらないもの

基礎医学の教科書

先生は教科書を買って通読せよ、と言いますが、そんなこと普通の医学生じゃ無理です。

辞書代わりに、と買う学生もいますが(僕も実際購入しました)、実際にはネットで調べたほうが早いですし、授業をしっかり聞いていれば教科書は必要ありません。

大学の講義のレジュメで十分です。

万が一、教科書が必要なら、図書館で事足ります。

 

ただし、解剖学の教科書は必要です。

解剖学の教科書とアトラスだけは購入しましょう。

実習で必要になります。

 

解剖学講義改訂3版 高野廣 [ 伊藤隆(解剖学) ]

価格:11,880円
(2016/2/28 11:37時点)
感想(0件)

グレイ解剖学原著第2版 [ リチャード・L.ドレイク ]

価格:10,800円
(2016/2/28 11:37時点)
感想(0件)

買うもの

タブレット or ノートPC

僕の大学では、定期テストの過去問再現が全てPDF化されており、それを見るためにはタブレットがあった方が便利です。

おすすめは、以前にも書いた通り、surfaceか小型のノートパソコンですかね。

 

moyamoya0701.hatenablog.com

 

簡単教科書

ハリソン読める人はハリソン読んでください。

ただ、学年で一人いるかいないかのレベル。

大学全体で共同購入の話が出ていましたが、僕の大学では人数が集まらずに実現しなかったようです。

 

ハリソン内科学第4版 [ ティンズリ・ランドルフ・ハリソン ]

価格:32,184円
(2016/2/28 11:39時点)
感想(0件)

ということで、医学生の絶大な支持を受けている「病気がみえる」シリーズを買いましょう。

別に「ステップ」でも、「病態生理できった」シリーズでも構いません。

各科目に1冊あったほうが便利です。

 

病気がみえる(7) [ 医療情報科学研究所 ]

価格:4,104円
(2016/2/28 11:34時点)
感想(54件)

 

そのほかにも、聴診器、白衣も必要になります。

ともに、大学生協で買うよりも、ネットで購入した方が安く済みます。

 

moyamoya0701.hatenablog.com

男性用 白衣 長袖白衣 白衣 ポケット付き 診察衣 実験衣 医療用白衣 医師用 薬剤師 実習衣 ドクター 男性用 白衣 メンズ Sサイズ 3L 4L 5L 大きいサイズ 激安 通販

価格:1,590円
(2016/2/28 11:42時点)
感想(35件)

5.6年次で必要なもの

これに関してはまだ経験したことがないので正直わかりませんが、必要と聞いているものについて書いておきます。

医師国家試験予備校

医師国家試験にはテコムとメックの二大予備校がありますが、先日まで僕の周りにもどっちにすべきか、というのがトピックスでした。

ネットで調べたところ、まぁ結局どっちでもいいという結論になりましたが、僕は結局テコムにしました。

これを取らないで国試に合格することもできるようですが、とっている人が大半なので取っておいたほうが無難でしょう。

大学の援助のありなしで、価格が違うと聞いていますが、僕の大学ではテコムが2年パックで3万円でした。

 

ipad mini

これもあった方が便利、らしいです。

というのも、まだ経験していないのでわからないですが、自炊した病気がみえるなどの教科書をipad miniに入れて、ポリクリ中に見ることができて便利だし、というのです。

正直、これは買うかどうかは微妙です。

やっぱり自炊した教科書って、見にくいです。

そして、先生によっては電子機器を病院に持ち込むこと自体、嫌がる方もいるみたいです(個人情報保護の観点からも、そりゃそうですよね)。

 

まとめ

医学部はお金がかかるので、無駄な買い物は避けた方がいいですよね。

先輩から譲りうけるのもよし、オークションで落とすのもよし、僕は結構無駄な出費をしてしまったので、みなさんには賢い買い物をしてもらえればと思います。

 


薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村