もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

タイのテロの危険性 もし更新が止まったらタイで死んだと思ってください

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

昨年8月のタイのテロ

明後日から大学の同級生とタイに行ってくる予定です。

タイでは昨年8月にテロがあり、外務省のホームページによると、タイの危険度は首都バンコクで4段階中、1段階目の「十分注意してください」、プーケットなどのタイ南部で2段階目の「不要不急の渡航は止めてください」となっています。

 

www2.anzen.mofa.go.jp

 

一方で、イギリス政府が出している情報では、4段階中、最も高い「テロの脅威がかなり高い」に分類されています。

 

buzz-plus.com

 

・テロの脅威:かなり高
イギリス、フランス、スペイン、ロシア、トルコ、アルジェリア、チュニジア、エジプト、リビア、ケニア、イエメン、インド、パキスタン、アフガニスタン、ミャンマー、タイほか

 

テロの犯人の一部と呼ばれる人が逮捕されましたが、容疑者は犯行を否定しており、また、その過程で非人道的な拷問を受けたとの報道もあります。

 

www.news24.jp

 

イスラム国の入国

また、同じく外務省のホームページですが、昨年12月にイスラム国が入国したという情報も入っており、注意喚起がなされています。

 

www2.anzen.mofa.go.jp

 

4日(現地時間),タイの現地報道によれば,タイ治安当局は,ISIL(イラクとレバントのイスラム国)の関係者が本年10月下旬にタイへ入国し,首都バンコク,リゾート地のパタヤ,プーケット他タイ国内においてテロを計画しているとして,警戒を強化しています。

 

正直、怖くないといったら嘘になります。

ただ、死ぬときはどこにいても死にます。

日本でも交通事故で死ぬこともあるし、日本は安全な国とはいえ、テロが絶対に起こらないとは言えません。

 

「やっぱり家にいるのが最強だな」

ただ、ときどきネットで見かける「やっぱり家にいるのが最強だな」という意見。

あれはあんまり好きではありません。

インターネットが発達し、世界中のありとあらゆる写真を見ることができました。

Google MAPが発達し、世界旅行にいった気分になれます。

あたかも、自分がなんでも知っているような錯覚に陥ります。

 

しかし、Google MAPで見るのと、実際に見るのとじゃ当然、違います。

それで死んでしまったら、それはそれで仕方ありません。

それよりも、そういうことを恐れて、何かできなくなるほうが怖い。

 

一緒に行くはずだった友達のうち、一人が今日キャンセルするという決断をしました。

両親から反対されたとのこと。

若干事例は違うかもしれませんが、高速バスの事件も記憶に新しい中、僕も両親の立場にたったら、子供を快く送り出すことは難しいかもしれません。

 

もちろん、危険な場所は避けますし、夜の街も魅力的ですが、極力控えるつもりです。

ゴーゴーバーでテロ実行犯に拘留されたとか、恥ずかしすぎますからねw

もし更新がなくなったら、死んだと思ってくださいw