読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部の授業とは?定期テストに通るための最も効率的な勉強法

医学部

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

大学の受験勉強をしていると、予備校の講師やわかりやすい参考書が、大事なポイントを解説してくれます。

しかし、それに比べると医学部に限らず大学の授業は、大変わかりずらいように感じている人もいるでしょう。

 

そんな人のために医学部の定期テストを効率的にクリアするための方法について考えていきたいと思います。

通っている大学によっても違うところがあると思うので、参考程度に見てください。

 

そもそも医学部の講義ってどんなん?

ほとんどパワーポイントを使ったスライドショー形式の講義になります。

パワーポイントを印刷したハンドアウトが配布されることが多いです。

黒板に板書をとる先生は本当に1割もいません。

1%ぐらいといっても過言ではありません。

僕が通っている大学では、基礎系は一人の先生が担当していることが多かった印象ですが、臨床に上がると毎回違う先生が講義してくださるため、講義に一貫性がありません。

 

過去問を入手する

これがマストです。

大学生活で孤立してしまうと、友人から過去問を入手する経路が断たれてしまうため、留年する人が多いように感じます。

過去問を入手して、できれば先輩等から問題の難易度やテストにかかる時間、再試にまわる学生の人数を聞きましょう。

 

まずは、授業に出る

最近は授業の出席をとる講義が増えてきたように思います。

先生いわく、大学側(文部科学省?)から出席をとるように言われているとのこと。

 

授業中に過去問をする

講義が自分にとって役に立つと思ったら聞いてもかまいません。

しかし、役に立たない場合は授業中に過去問を解きましょう。

最初は理解できないかもしれませんが、繰り返ししていくうちに理解できるようになります。

大学受験も、大学の定期テストも、問題をやってアウトプットをすることが結局は重要なのです。

ただし、先生が重要だといったポイントやテストにでるといった箇所についてはレジュメにマークしておくようにしましょう。

 

やってはいけないこと

要領が悪いと自覚している人は、教科書を1から読むなんてことは決してしないでください。

教科書だけ読んだだけで過去問を全くしないと、まず落ちます。

僕も、教科書を買って読んでいた時期がありましたが、無駄だと気がつきましたw

 

天才的に頭のいい同級生は、教科書をがっつり読んで、過去問はほとんどやらずに成績もいい方も一部にはいますが、それは例外です。

逆に、授業にも出てないけれど、過去問だけで通ったという人は数多く存在します。

このあたりも、大学受験と似ていますね。

 

過去問から出さない先生もいる

もちろん、過去問から同じ問題を出さない先生もいます。

なので、直前にはレジュメを確認しておくことをおすすめします。