読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部再受験における最も参考になるサイト

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

医学部再受験に役に立つサイト

大変役に立つサイトを見つけたので、リンク張っておきます。

現行ネット上にある個人ブログ、再受験まとめサイトを含めて、僕が知る限り一番有益な医学部受験ブログかと思われます。

 

xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.com

 

ここに記載がある通りに勉強すれば、間違いなく受かるでしょう。

でもできない人が大半です。

これをやりきるためには、一定水準の地頭と、精神力だけです。

 

moyamoya0701.hatenablog.com

  

やっぱり必要なのは、覚悟

先のサイトに大変示唆に富む記述があったので、引用しておきます。

 

一番よくないパターンは、再受験の情報探しに何ヶ月も時間をかけてしまうことです。
情報はインターネットか書店で探すことがほとんどだと思いますが、無制限に情報集めをしても全く前進しません。

むしろ重要なのは、自分自身の覚悟だと考えましょう。

何となく今の職場や大学がしっくりこないから医学部再受験でもしてみようかな。。というモラトリアムなモチベーションでご相談に来られる方が非常に 増えていますが、医学部再受験の勉強は思っているよりも大変です。自分の強い覚悟がない方は再受験の勉強も乗り越えられない場合がほとんどです。

情報探しをしている時間があれば、医学部再受験をする覚悟があるのかどうかを自問し、意思を明確にしましょう。

 

再受験にはリスクが伴います。いま勤めている会社をやめたり、大学をやめて医学部に進学するわけですから少なからずリスクがあります。背水の陣が好きな方も中にはいらっしゃるのですが、できるだけリスクを最小限に抑える方法を考えることをおすすめします。

例えば社会人の方であれば仕事を継続し、勤務後や休日に勉強する、大学生であれば休学の手続きをとるなどです。

特に再受験生は国公立しか受験しないという方が多いのですが、国公立医学部は難易度が高いだけでなく、センター試験も前期試験も両方とも結果を出さなければいけないため、一発勝負であるという難しさがあります。

一般的には、浪人して1年間全力で勉強して国公立医学部に届くかどうか、、というレベルなので、働きながらや大学に通いながらだとさらに困難になります。

再受験生の中には、ほとんど理系科目をやったことがないけど仕事をやめて1年で国公立医学部にいきたい、私立は金銭的に受験できないから、と相談にこられる方もいらっしゃいます。
これは残念ながら考えが甘いと言わざるを得ません。もちろんその方がとても頭がよくすごいスピードで吸収していけば可能性はあるかもしれませんが、理系を 履修している浪人生が朝から晩まで勉強して1年で国公立医学部に届くかどうかなので、初学からだと相当困難です。そんな中、仕事をやめて退路を断つという のは潔くみえるかもしれませんが、8年間医学部受験指導をしている立場からすると、無謀です。

リスクを抑えるために仕事を継続しながらまずは少しずつ勉強をはじめてみて、成績(特に数学)があがってきてから再度改めて仕事をやめて受験に専念するかどうか検討するようにしましょう。
いきなり最初から仕事をやめて勉強するというのはおすすめできません。

 

ほんとこれ。

もうすぐ二次試験です。

最後まで、体調を崩さず頑張ってほしいと思います。

 

 


薬剤師 ブログランキングへ