読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

在宅医療の経験の有無が薬剤師の転職を左右する?

薬剤師 製薬企業 在宅医療

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

日経メディカルから引用

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/career/201602/545777.html

 

【Question】
薬局内で在宅業務に携わりたいかどうか、希望調査がありました。これからの薬剤師は在宅業務を経験しておくべきなのでしょうか。

【Answer】
在宅医療の需要は高まる一方なので、薬局への転職では有利になるでしょう。

 

詳しくは日経メディカルを見てほしいのですが、やはり在宅医療の経験は転職に有利になるようですね。

それでは具体的に在宅医療における薬剤師のスキルとはどのようなものでしょうか?

元記事では触れていなかったため調べてみました。

  

在宅医療における薬剤師のスキル

マイナビ薬剤師でこのような記事を見つけました。

pharma.mynavi.jp

  

まとめると

  • まずは患者さんとコミュニケーション
  • 医師に薬剤師ができる仕事を知ってもらう
  • 患者さん宅へおもむく医師に同行
  • 患者さんの家族との交流
  • 在宅医療チームの仲間との交流

となっており、在宅医療だから薬剤師として特別なスキルが必要というよりも、薬剤師がより機能発揮できるために、在宅医療に関わる人と積極的にコミュニケーションする必要があるということになりそうです。

 

在宅医療に得意な転職サイト

今後も在宅医療は医療における重要な位置を占めていきます。

もし、在宅医療を経験するために転職をお考えの方はぜひ、下記の転職サイトにご登録ください。

ファルマスタッフでは在宅医療をやっている求人情報を多数もっており、在宅医療の求人の専門ページも作っているほどです。

 

ご登録はこちら

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ