読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部再受験生のブログから見る医学部再受験に失敗する人の特徴

医学部再受験

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

「医学部再受験 ブログ」で検索すると、医学部再受験の方のブログを拝見することができますが、本当に多くの方が夢破れています。

 

医学部 再受験 ブログ - Google 検索

 

ブログを見てみると、あーこの人は失敗するだろうなと思うことがよくありますので、その特徴をまとめてみました。

 

勉強時間が圧倒的に少ない

1日に2~3時間の勉強しかしていません。

そんなんで凡人が受かるわけがありません。

ほぼゼロからスタートする再受験生ですよ。

再受験生の1時間と医学部を目指す進学校の高校生の1時間、どちらが勉強ペースが速いと思いますか?

再受験生が1時間かけて理解する問題を、進学校の高校生は30分で理解します。

そのような連中と、同じ勉強時間で勝てるはずがありません。

それをカバーするためには、勉強量を増やすしかありません。

  

やたら決意表明をする

決意表明をしてそこから頑張るのはいいのですが、何度も決意表明するということは、その決意が挫折しているという現われです。

三日坊主とはよく言ったもので、本当にブログに書いて満足という人が多い気がします。

 

息抜きがやたら多い

医学部再受験をしていたときの自分を振り返ると、息抜きで遊びに行くといったことはほとんどありませんでした。

それに対し、再受験を失敗している方のブログを見ると、どこどこに行ってきましたとか、そんな内容を投稿しています。

もちろん、息抜きは大事ですよ。

でも、必要以上の息抜きは害でしかありません。

むしろ、数学の息抜きに英語をやるといった、そのぐらいの心構えは必要なのではないでしょうか。

 

生活リズムが不規則

休みの日に朝から勉強するつもりが、起きたら10時でしたとか、本当にあほかと思います。

本気になってるんだったら、そんなことできないはずなのに、平気でそれをしてしまうある意味楽観主義。

ちなみに医学生に楽観主義の方は、そんなに多くいないように気がします。

試験前は、みんな落ちたらどうしようと不安になって必死に勉強しています。

 

言い訳をする

仕事がとか、卒論がとか、本当に最悪な場合、気分がのらないとか、厳しい言い方をするとそんな言い訳ばかりして受かるわけがありません。

気分が乗らなくても、机の前に座ることが大事かと思います。

 

勉強を全くしていない時期が続く

勉強を1か月サボってましたとか更新をみると、もうこの人は受からないだろうなと思います。

いや、その人が天才なら問題ないですよ。

でも、凡人ならほぼ落ちます。

だって、全国のエリート高校生が、必死になって医学部に目指して勉強している時間に、自分は勉強をサボってるわけですよ。

そんな人受かると思いますか?

差は開く一方ですよね。

 

勉強に集中するために最も簡単で効果のある方法は?

スマホを捨てましょう。

正直、自制ができない人にとってスマホは害でしかありません。

15分勉強したらスマホいじっていませんか?

友達からきたLINE気になりませんか?

本気で受かりたかったら、受験勉強の1年間だけでも、少なくとも勉強中はスマホは触らないでください。

 

tabi-labo.com