読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

実は危険、こんな薬剤師の転職

薬剤師 転職

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

僕は、薬剤師として転職を6回行っていますが、その中には失敗したと思う転職もあります。

今回はそんな体験談を紹介したいと思います。

 

求人サイトで求人を探す

もともと給与が高めのところで働いていたのですが、お金が欲しいあまりに、より高い給与を求人サイト(indeedみたいなサイトです)で探していたところ、珍しく給与が高い求人が出ていました。

その求人サイトは企業が直接求人を募集しているサイトであるため、転職サイトを介さずに直接企業とやりとりをしなければなりません。

 

実際には低かった給与

面接の日程を調整のうえ、面接に臨んだのですが、前の薬剤師のアルバイトの経験を職歴と認めてもらえず、提示された給与はサイトに載っていたものよりも低いものでした。

向こうの言い分としてはサイトに掲載していた給与は、経験者に支払う給与とのこと。

別の企業で面接の調整するのも、他に探すのもめんどくさいし、ここでいっかと思ってしまい、結局前職よりも給与がダウンしてしまいました。

 

人間関係最悪なうえ、激務

そして、実際に勤務して気が付いたことは、人間関係最悪なうえに激務だということ。

ひたすら一包化をやらされていた記憶があります。

そして、医学部に所属しているということにあまり理解を示してもらえず、実習があったとしても実習を早めに抜けてまでバイトにいかなければならないという本末転倒な事態になってしまいました。

最終的には退職し、別の企業に転職しました。

 

気が付いたこと

転職では、給与や労働環境、人間関係も含めて職場の情報をしっかりとリサーチする必要があります。

そして、個人ではその情報をつかむのはなかなか難しく、入職してから職場のギャップに悩まされることも少なくないでしょう。

したがって、転職サイトに登録して転職コンサルタントから情報を引き出す必要があります。

もちろん、転職コンサルタントが全てわかっているとは限りません。

しかし、気になる点について事前に転職コンサルタントに聞けば、転職コンサルタントが我々のかわりに企業に聞いてくれます。

 

その後の転職活動

ちなみに、別の企業に転職した際には、転職サイトに登録して転職活動を行いました。

職場の不満を転職コンサルタントに伝えたところ、紹介してもらった転職先は、以前にも医学部再受験生を薬剤師として採用した経験があり、こちらの要望に対して大変理解を示してくださいました。

以前に医学部再受験生を採用したことがあるなんて情報、当然求人票には載っていません。

しかし、載ってない情報も含めてこちら側に提案してくれるのが、一流の転職コンサルタントではないでしょうか。

 

その際に利用したいくつかの転職サイトを紹介しておきます。

 

 

また転職サイトのランキングの記事もご覧ください。

moyamoya0701.hatenablog.com

 


薬剤師 ブログランキングへ