もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部再受験生のアルバイト

医学部再受験生のアルバイトといえば、薬剤師などの資格が必要な専門職以外を除けば、塾講師が一般的です。

僕も塾講師のアルバイトをやっていました。

 

時給はどのぐらい?

集団授業をやっていて、一コマ60分で5000~5600円というまぁまぁ割りのいいバイトでした。

塾講師は二つ掛け持ちしていて、一つは一般的な高校生を教える塾と、もう一つは医学部専門の予備校。

医学部専門の予備校の学費を確認したときに、正直ひきました。

その額、年間800万円。

その授業料の高さを考えたら時給低いと思うぐらいでした。

ちなみに大手予備校では時給1万円などのバイトも存在するようです。

  

結局辞めた理由

集団の前でしゃべるということを結局好きになれなかったのと、予習がめんどくさいので、2年ぐらいでやめてしまいました。

ただ、夏期講習や冬期講習では1日7コマ×3日が3タームみたいなカリキュラムが組まれていたので、短期間で稼ごうと思ったらいいバイトです。

 

塾のアルバイトをして思ったこと

学生がアルバイトしている塾に子供は通わせたくない。

これが僕が塾のアルバイトをしたときに思ったことです。

それなりに準備していくんですけど、長年授業しているプロの先生方と比べると、圧倒的に僕の教え方は下手です。

それに受験に対する情報量も少ないです。

プロの先生なら問題を見ただけで、どこの大学の何年の過去問ってわかるレベルです。

 

もちろん、学生のアルバイトでもわかりやすく教えている人もいるとは思いますが、しょせんプロには敵いません(もちろんプロもピンキリですが)。

ただし、元々自分で勉強できる生徒なら学生アルバイトの先生でも問題ないのですが、その生徒は塾が必要ないというそもそも論に発展するので微妙ですが。

 

医学生はその偏差値を生かして塾でバイトしますし、僕も薬剤師の資格を活用していますけど、スタバとかマックとか、王道バイトをしてみたかった気がしないでもない、とちょっとだけ思っています。