読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

薬剤師の転職のコツ

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

薬剤師の転職のコツについて紹介していきます。

転職の目的を明確にする

転職の目的はなんでしょうか?

doda.jp

目的を明確化しないと、転職はうまくいきません。

まずは目的を明確化するところから始めましょう。

  

複数の転職会社に登録する

目的を明確化したら、転職会社に登録しましょう。

ファルマスタッフ、リクナビ薬剤師、薬キャリなどの大手エージェントの登録と、中小の登録が必要になります。

大手は百貨店、中小は専門店とよく例えられます。

大手は百貨店を想像してもらえばわかる通り、品ぞろえ豊富で求人数も多いです。

 

 

 

 

反対に中小は大手と比べると求人数は少ないですが、専門に特化しているため、こちらが希望するものとその専門がマッチしたときに強みを発揮します。

例えば、関西での求人に強いといわれているメディカルプランはその一例でしょう。

 

 

ポイントは複数の転職会社に登録することです。 

複数の転職会社に登録することによって、もれのない情報を得ることができますし、万が一、転職会社の担当者とそりがあわなくても、別の転職会社に頼めば同じような案件があるかもしれません。

 

実際に店舗へ足を運ぶ 

これが重要です。

病院希望であれば、しばらく待合室にいて調剤室の様子を伺ってみるのもよし。

調剤であれば、実際に処方箋をもっていって薬剤師の対応やレベルを図ってみるのもよし。

実際に忙しさや雰囲気を感じることができます。

百聞は一見にしかずです。

 

聞きづらいことは転職会社を通じて聞いてもらう

給与面の交渉や休みなどについては、なかなか面接でも言い出しにくいものです。

そこで、転職会社を利用しましょう。

転職会社にこちらの希望を伝えれば、転職会社が先方と交渉してくれます。

大事なことは、遠慮しないということです。

最初に目的を明確化したことを思い出してください。

その目的を達成するために、わがままは言いましょう。

それを受け止めてくれるのが、いい転職先であり、いい転職会社になります。

 

 


薬剤師 ブログランキングへ