もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医学部再受験の勉強時間の確保

SPONSORED LINK

 

SPONSORED LINK

社会人だと勉強時間を確保するってのはなかなか難しいものです。

それでも僕の場合は恵まれていたほうで、遅くても早くても20時に仕事を切り上げることができる会社でした。

土日出勤も2ヶ月に1回ぐらいしかありません。

 

勉強時間の計算

4月の勉強を始める時点で、自分の勉強の持ち時間をざっと調べてみました。

平日に4時間、土日は10時間勉強するとすると、


(5 hr/day × 5 day + 10 hr/day × 2 day )/week × 4 week/month × 11month = 1980 hr


1年で合格しようと思うと、約2000時間を最大使うことができることになります。

案外いけるんじゃね?と当時は思いました。

ちなみにソースが2chですが、目安として各資格取得に必要な勉強時間。

公認会計士やMBAよりは、簡単だろうという肌感覚はあったからです。

 

2chreport.net

 

各教科の勉強時間の割り当て 

次にこの2000時間をセンターと二次試験に配分し、さらに各教科づつに割り当てました。

そして、最終的に1日に問題をどれだけ解くか、というところまで落とし込んでいきました。

あとは1日のノルマをひたすらこなすだけです。

朝は5時30分に起きて、始業の8時まで会社の近くの喫茶店でひたすら勉強です。

会社終わったら、会社帰りのマックで終電まで勉強です。

休みの日は一日中マックで粘りました。

マックの店員に完全に顔を覚えられ、いつも勉強してますよね、と声をかけられるぐらい、マックに行きました。

週3ぐらいで飲みにいってたのも月1ぐらいに減らして、土日の遊びの誘いも基本断わりました。

 

正直、自分のような凡人が、1年間で受かろうと思ったら、いろんなものを捨てないといけないと思います。

でも、努力さえすれば、天才じゃなくても大丈夫です。