もやもや日記

iQOS(アイコス)、禁煙、医学部、ラジオについて気になったことを書いていきます。

医師免許の値段

以前に医学部再受験にはお金の壁があると書きました。

moyamoya0701.hatenablog.com

今回は医学部とお金に関してです、

あくまでも国公立医学部を想定して記事を書いています。

 

受験時代にかかる費用

まず、受験時代は参考書(8万円)、模試(2万円)、センター試験(1万5千円)、二次試験(3万円)、前泊代(1万円)などなどで10万円程度かかりました。

 

入学直後にかかる費用

入学後は、

  • 入学金(25万)
  • 前期授業料(25万)
  • 引越し代(10万)
  • 敷金礼金(20万)
  • その他もろもろ(10万)

の合計100万ぐらいかかった記憶があります。

再受験される方は100万は貯金があったほうが安心です。

 

大学生活でかかる費用 

国立大で一人暮らしの場合だと、授業料や教科書代として500万、生活費で1000万、合計1500万かかると再受験マニュアル本で試算されていました。

ただし、医学部再受験しないにしろ、生活費はかかるわけですから、純粋に医師免許獲得までにかかるお金は500万円ぐらいになると思われます。

 

社会人として得られた収入

社会人として得られた年収を500万と仮定すると、学生になると年収が頑張っても200万程度しかありません。差し引き年収あたり300万損していることになります。したがって、6年間で1800万円の損失になります。

 

医師免許の値段

以上の金額を合計すると2400万円が医師免許取得のためにかかった費用になります。

お金ではもちろん買えませんが、お金の壁をクリアするためにも、奨学金の活用やアルバイトを頑張ってください。